The Young Folks official blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

天使みたいな顔しやがって‥

Hi! Folks!

皆さん、ご機嫌いかがですか。
僕は‥といいますと、これといって何ということもなく‥
一月ももう終わりか‥と、理由もわからず焦っています。

今、メリー・ホプキンを聴いています。
目の前のスピーカーから、アグネス・チャンと太田裕美を足して2で割ったような声が
汚れきった僕の心を優しく洗い流していきます。

「そこそこ‥もっと右、もう少し右!そこらへんが集中的に汚れてんの!」
「サンキュー、メリー!‥あぁ、すっきりした!」

6a0133f4683cfa970b0133f46b3e95970b-320pi.jpg
てゆうか‥
可愛いんですけど。



あ、この人。1968年にポール・マッカートニーがプロデュースした
“悲しき天使”でデビューした英国の歌手です。
ポールが関わった曲以外はとっても可愛らしいフォーク・ソングばかりです。
どれも素晴らしい!

で、なぜ今このメリー・ホプキンを聴いているかといいますと、来る3月20日に
吉祥寺のにじ画廊に於いて行われる“イラストレーター青山京子個展パーティーHum♪Hum♪Hum♪”
に向けて曲を作っているからなのです。(個展は3月19日~24日まで開催なんだぞー!)
6a0133f4683cfa970b0133f46b3e96970b-200pi.jpg

いつもいつも青山さんにはお世話になりっぱなしのザ・ヤング・フォークスですから‥
ならば、日頃の感謝を込めて曲を捧げよう!ということになり、
稲葉さん、純君、そして僕とで1曲ずつ
曲を書きましょうと、提案したわけです。


すでに1曲は作りました。メロディーですね。
自分の手応えでは「うん、これならいいだろう。いい感じだ!」

と、ここで次の詞作にとっとと取り掛かればいいものを‥
「んー‥ んんー‥ あぁー‥」
となって
「まだなんかあるだろう‥」
がきて
風呂で、夕飯の支度をしながら(夜中ですけど)、歩きながら、仕事中にもまた
「んー‥ んー‥」
が続くわけです。

そんな日々がしばらく続いている中、先日NHKのBSで放送されたピーター・ポール&マリーの
64年のライブを観ました。
「やっぱPPMはすげぇなぁ」
と、翌日さっそくPPMのCDを棚から取り出そうと探していると
「あ!」
でした。
「これだ、この感じだ、メリー・ホプキンだ」

というわけで、ずっと引っかかっていた“青山京子さんに捧げる歌”のイメージはこれでした。
(今日はまた、なんでネタばらししてんだろう‥変な僕‥)

数年前にもこのイメージで曲を作ったことがあります。
でもその時は可愛らしさばかりを意識しすぎてしまい、このメリー・ホプキンの持つ
無垢で透明でメランコリックな部分を見過ごしていました。

久しぶりに聴いてみたら、あの頃とは別の曲がどんどん入ってきます。
アルバムってこれがあるから良いですよね。

時を経てまた好きになる。

あれぇー、いい言葉だなぁー!

“また好きになる”って!

リトライしてみます。
届かないかもしれませんが。
やっぱりベストを尽くさないと!

物作りは!

僕はベストを尽くさないといられない男なのです!

そうです!

ベスト・キッドなのです!

あー、もう若くないので“キッド”ではないですね。

じゃあ“ベスト・アダルト”です!

カッコワリィ~! なんだ‥ “ベスト・アダルト”って‥



はたして稲葉さん、純君が曲を仕上げてくるかはわかりませんが
皆さん楽しみにしていて下さいね。

それよりも先ず、自分のものを仕上げなくてはいけませんね。
さんざんハードルを上げてしまいましたし‥
6a0133f4683cfa970b0133f46b3e97970b-200pi.jpg


それにしてもカワイイなぁ‥



おぉっと、その前に2月11日に“館”でライブありますからねー!
そちらもお楽しみにー!

“今朝の朝刊の一面に、読めない漢字があったので、すぐその新聞社の代表電話に電話したら、担当に回されて、そんでその担当者も読めずに、何やら近くにいる同僚に訊きまくってる声がしたあと、「それは○○です」って教えてもらい、変な親近感を覚えたあと、やっぱり「なんだかなぁ~」感が拭えずに今日一日を過ごしたでやんの!”

でお馴染みのヨシオでした。

因みにその漢字は“唐破風”ですよ!
勿論、電話する前に“デイリーコンサイス漢字辞典”で調べましたが載ってませんでした。
いきなり読めた人は秀才だー!

ではまた。
スポンサーサイト
2009-01-29 : 小林ヨシオblog : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

The Young Folks

Author:The Young Folks
FOLK ROCK.COUNTRY BAND。Bob Dylan、The Byrds、The Lovin' Spoonful、PP&M、Eagles、The Band etc.カバーセッションを経て現在はオリジナル曲中心にステージ構成。時にエレクトリック、時にアコースティックとフレキシブルに活動中!

twitter

add

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。